Monster XのFAQ(動作編) - かりんと!

Monster XのFAQ(動作編)

こちらはMonsterXを購入後の動作についてのFAQです。
基本的な性能に関するFAQは性能上でのFAQをご覧下さい。

標準アプリを起動するとエラーがでる

こんなエラーじゃありませんか?
monxerr.png
これは単純にドライバがインストールされていない時に出るエラーです。ドライバーのインストール方法を読んでドライバをインストールして下さい。

ドライバのインストールができない

MonsterXのドライバはインストーラを使う方法を取っておりません。
ダウンロードしてきたアーカイブの中にドライバが入っておりますので各自インストールして下さい。
インストールの方法はこちらを参照して下さい。

プレビューがチラつく、カクつく

EIST/C1E(intel)やCool'n'Quiet(AMD)がオンになっているとプレビューが乱れやすくなります。マザーボードのBIOS設定でオフに変更してみて下さい。 これはCPUのクロックが切り替わる時に起こり得る問題です。最高クロック時ではCPUに余裕があり、最低クロックではCPUに余裕が無い状態になるクロックのCPUではこの省電力設定による弊害を受けます。 intel製のCPUの場合、EISTを切る事で大抵は回避出来ます。C1Eを切らないとダメな環境の場合もあります。 これらの設定はBIOSで行う他CrystalCPUID等のツールを使う事によって変更する事が出来ます。使い方に関してはこちらでの説明は割愛します。

Geforce8800使用のグラフィックカードを使用していてかつ最近のドライバ(Release100ならびに150世代)を使用するとプレビューがカクつくといった症状が発生すると報告されています。 バージョン97.02 か バージョン97.94のドライバを試してみてください。
なお、最近の175.16などでは問題なく動作するようです。(XP32bit XeonX3350 3GRAM 8800GTS にて確認済み)

それでもプレビューがチラつく、カクつく

デュアルモニタ設定をしていたらセカンダリの方をoffにしてみて下さい。これで改善される場合は、グラフィックボードのドライバの問題ですが。

こんな報告もあります。

LGとかのモニターをWindowsから設定するユーティリティは絶対常駐させちゃ だめなんだぜ。定期的にコマ落ちしまくり。常駐は切れは常識なんだがつい入れてあること忘れると酷い目にあうんだぜ、と2ヶ月前の自分に伝えたい。

キャプチャした動画の再生がコマ落ちする

huffyuv codecでキャプチャしたものはよっぽどの好環境でないと再生でコマ落ちします。Core2Duo 3GHz程度では全く足りません。再エンコード前提のcodecなのでそのまま再生せぬ様。

付属のPIC MotionJPEGについては以下の様な報告があります。

ffdshowの再生支援が一因かも

MotionJPEGの再生支援を切って見るといいかもしれない。

うちはPenD3.2GHzだけど、MotionJPEGの再生支援を切ったら再生時のコマ落ちと音ずれが無くなった。

SPDIFからの入力音声にプチプチとノイズが入る

音声出力側の設定を確認して下さい。リニアPCM以外ではノイズが混じる事があります(製品仕様より)。
AACの音声はMxCaptureを使用すれば取り込み可能ですが、プレビューは対応してません(AAC音声はプレビューではノイズ音になるが取り込んだファイルは正常)。

水色・黄色が強い色だ

色空間がBT709だからでは?エンコードを行う時にBT709からBT601変換してみれば直るはず。

0914ドライバにすると白っぽくなる

白飛びと勘違いされる方も多くおりますがAutoOffsetの設定値が変わっている為に発生します。こちらの値を元に戻す事で解決します。
MxCaptureを使用している場合は、Monster-X設定ユーティリティであらかじめAutoOffsetの設定が正しいものを保存しておき、MxCaptureの設定-その他にあるプレビュー、録画開始時にMonster Xの設定を変更する。にチェックを入れ、設定ファイルを保存しておいたファイル名にして下さい。 これでAutoOffsetの設定値が正しいものになるので白っぽくなる現象は発生しなくなります。

映像出力側の解像度が変化した時にアプリが止まったり落ちたりする

コンポーネントからのD端子変換ケーブルを使用していませんか?
D端子には走査線数・走査方式・アスペクト比の識別信号がついておりますが、コンポーネントにはこれらの信号が無いため解像度の検知をうまく出来ない可能性があります。
PS2のAV端子はコンポーネント出力のため、D端子ケーブルを使用しても信号線はコンポーネントの範囲ですのでこの症状が発生する可能性があります。

480iの映像をソースにすると、解像度の検出が終わらない

2007/09/14のドライバで修正されております。ただし、AutoGainをoffにしないと映像によっては白飛びする可能性があります。
この現象は特にPS2で発生しやすい様です。

MonsterX Utilityなどの付属ツールでの変更が勝手に変わる

これらのツールでの設定値については、ドライバが解像度を検出する時にデフォルト値に戻してしまうために、設定値を変更しても値を変更されてしまいます。メーカー側で解像度検出時にデフォルト値へ戻さない様にドライバを修正中です。

MonsterX標準アプリが不正な処理を吐いて落ちるとメモリに残ってしまう

ごめんなさいっ!!!
対処中。
VMR9でプレビューしたまま終了した場合、次に起動した時に必ず不正な処理が出る現象が発生する環境がある様です。その場合、もう一度MonsterXアプリを起動してプレビュー設定をVMR7かOverayに変更してWindowsを再起動して下さい。

MxCaptureやhunuaaでの取り込みでドロップする


オンボードRAIDコントローラを使用しているとたまにドロップする事があります。
また、RAIDに関しては

RAIDボリュームもデフラグしてあげた方がよいのでは? 
とりあえず30日試用版でフラグメンテ状態をチェック。試用版でデフラグも可。 
http://www.sohei.co.jp/software/download.html 
RAIDドライブにかけてよいのか?についてはこう謳ってるね。漏れん所では今の所トラブル無し。 
http://www.sohei.co.jp/software/faq/faq-d55.html 


VMR9にしていると予想のほか重くてドロップしまくる事があります。スペックが良くても環境次第で発生します。VMR7かオーバレイ推奨。

OSのI/Oバッファサイズを増やしてみる。最大の64MBくらいまでするといいかもね!参考はこちらのサイトを見て!

標準アプリ/MxCaptureで1080iなどに解像度変更すると落ちる

マルチディスプレーが原因の可能性があります。まずはシングルで試してみてください。また、倍率を50%などに落として、1画面内に収めることでマルチディスプレー環境でも回避できることもあります。

PIC MotionJPEGでドロップが多い

スレより転載

うわー 
何故か特定の画面でhunuaaのマルチプレクサではドロップ表示が多発してるのでよくよく調べたら、 
PIC MotionJPEG で Nomarized YUVにチェック入れてると 
YUV値を規定以内に無理矢理押し込める他に 
エンコーダーが前フレームと完全に同じと判断したらNULをはき出 す仕様になってるんですなぁ。 
それが、hunuaaのマルチプレクサではドロップ表示してるのでどんどんドロップフレームが表示される仕組みだった。 
容量低減に良い機能だけどオプションスイッチ別けてよ・・・

hunuaaでキャプチャしたものを再生するとガクガクするがコマ落ちしてないのか?

huffyuv codecでキャプチャしたものはよっぽどの好環境でないと再生でコマ落ちします。Core2Duo 3GHz程度では全く足りません。再エンコード前提のcodecなのでそのまま再生せぬ様。
他のcodecへ再エンコードすれば問題ない事を確認できます。
つまりの所、再生処理がおいついていないだけでキャプチャに失敗したわけではありません。実際にドロップしているかについてはAVIUTLの様な編集ツールを使うか、他のcodecにて再エンコードして確認して下さい。

hunuaaでキャプチャしたものを再生するとスローになる、音声に置いて行かれる

キャプチャのフレームレートが半分になっていませんか?59.94fpsであるべき所が29.97fpsでキャプチャされている場合、1/2の再生速度の様に感じられます。設定を見直してみましょう。
D1/D3解像度では29.97fpsですが、D2/D4解像度では59.94fpsとなっております。

hunuaaのプレビューで音ズレする

スレより転記

デバイスタブのアロケータでオーディオプレビューピンを有効にして
パラメタは上から順に2,2400,1,0とか入力してみ。
(パラメタはオーディオデバイスや設定によって変わるので適宜調整)
プレビューはオーバレイにするヨロシ
プレビューの音はアナログにも入れて直接出力するのがヨロシ
設定:デバイス→デバイス→再生ミキサーコントロール、で有効にチェックを入れてサウンドボードのアウトプットを指定して、
音声ケーブルの接続してあるポートを指定してやればできました。
ふぬああ側の音声プレビューは全部オフ、OS側のサウンドコントローラはふぬああ非起動時の音量をミュートに。
これでふぬああ側のサウンドミキサーやミュートボタンも使えるようになった。

hunuaaでスタンバイから復帰時に落ちる

スレより転記

これはビデオをオーバーレイで表示させているとスタンバイからの復帰時にクラッシュすることがわかりました。
ビデオをプレビューにしてやれば復帰時にも普通に使用できます。
ただビデオカード性能が低いと表示が相当重くなりますがー。
 
設定:デバイス→グラフ(と、グラフ2)→ビデオの項目を両方ともプレビューに。

音声をAACで取るにはどうすればいいの?

光で接続した状態で、出力機器側をAACに設定。
MxCaptureで「音声の左右を入れ替え」て取り込み。
映像と音声を分離。VirtualDubなどを使うよろし。
ext_bsにてさらに分離。

MxCaptureで音声の左右を入れ替えて取り込み 
→VirtualDubModとかで音声をwav出力 
→ext_bsで分離 
でOK。 
ext_bsが「1つめのヘッダがxxxバイト目に見つかりました。」と言ってくるので 
muxのときにxxx/192ミリ秒だけディレイ指定する。 
 
うちではたまに分離したAACファイルがうまく再生できないことがある。 
バイナリエディタで4バイト目の00hを80hに書き換えたらうまくいってる。

WMEで直接ハードウェア指定で配信する方法(簡単な方法)

スレより転載

ビデオ→(Monster-X BDA Analog Capture Secondary) 
音声→PC内のサウンドデバイスを指定
(がDirectSoundに対応していないためオンボード、サウンドカード等の
Line-Inに要接続) 
 
後はビットレート、配信先用の解像度指定等は基本的なWMEの使い方でおk。 
 
WME画面取り込みで配信する方法 
オーバーレイでは黒画面を配信することになるので
まずはオーバーレイを切る必要有り。 
 
必要なもの 
 
・HWでMonsterX使用出来、レンダラをVMR7で指定できる
軽いプレビューできるソフトを用意。PeCaTV or MonXTester 推奨 
・WME
・ある程度のスペックPC 
・ある程度の回線速度 
 
方法 
WME起動→画面取り込みでの解像度等設定 
VMR7使用ソフトでは最初に起動したソフトはオーバーレイ表示なので
プレビューソフトよりさきにVMR7使用ソフト起動が必要な場合有り。
(VMR7についてはググレカス) 
その後にプレビューソフト起動 
↓ 
これでプレビューソフトのオーバーレイ切れる 
↓ 
WME配信開始。(字幕等使いたい奴は好きなの使ったらいい。) 
 
自分の声も配信したいならSB系のサウンドカードがお勧め。 
ONKYO系だと、ごにょごにょしないとステレオミックスできないから、
HPA、PMA等使ってサウンドカードから出力された信号を
オンボに入力させる必要あり。 
もちろん出来なくはないがそのことについてはスレ違いなので
このスレで聴かないこと。  
以上。 

追記

あぁPCゲームと勘違いしてたわ。 
 
でもLin-inじゃないにしろミキサーつかうなりやる方法もあるし、
SBで、ものによってはSPDIFとマイクを両立できるものもある
つかこの辺はモンペケと関係ないからやりたい奴は別に考えろよ・・・
間違ってるなら直せって書いてるし。
Fri, 10 Aug 2012 00:36:15 JST (2920d)